水瓶座の引出(5連)

職人

岩原 宏志岩原 宏志
品番 RF-55
創作年月
サイズ
(本体)
132×176×72mm
サイズ
(収納部分)
*****
材料 ブビンガ、ケヤキ、金属ピン

「物語」をテーマとする展示会に向けて制作された作品です。
水瓶座のマークがモチーフです。
4段階に動く5本の仕掛が絡み合って動く様 子は、規則的にも変則的にも見えます。5手目と61手目で各引出が開きます。 4進法の溝を短くした迷路が使われています。上から見て重なる位置関係にある仕掛同士のみが影響し合う為、更なる連結も可能です。
2014年にアメリカのパズル職人、ケーゲン・サウンドを訪れた際の作品談義から生まれたアイデアを用いています。あなたの水瓶座の物語は悲運?幸運?

岩原 宏志の他の作品