連動型(優美)

職人

岩原 宏志岩原 宏志
品番 RF-39-2
創作年月
サイズ
(本体)
82×82×82mm(寄木を除く)
サイズ
(収納部分)
*****
材料 朴、セン、金属ピン
比較的高度と言えるであろう「連動型」の作品群の中で、最も美しい動きをする作品と言える気がします。
総手数は21手、側面の動きを抽出すると7手です。作者の分類では「折り返し型」の一種で、解く道筋が1回折り返します。その動きは、作者個人としては「虹」をイメージしていました。2014年のクリスマスプレゼントに用いられた仕組みです。

岩原 宏志の他の作品