アルケミスト

職人

加生 修加生 修
WEB SHOPで購入
品番 OS-23
創作年月
サイズ
(本体)
132×147×130mm
サイズ
(収納部分)
105×104×22mm
材料 ウォールナット、メープル、ウェンジ、朴、桜

「実験」をテーマとする展示会に向けて製作された作品です。
抽斗の箱の上に8つの図柄が描かれた台座、その上に丸型のフラスコが乗っています。
もちろんその8つの図柄が開け方のヒントとなります。
錬金術師のレシピどおりに調合を完成させる(箱をどうにかする)と、引き出しが開く仕掛けになっています。
作者の意図した通りの手順を確実に守らなくては、物質の調合はうまくいきません(開きません)。
内部に転がりやすい仕掛けを仕込んでいるので、少しでも手元が狂うと、なかなか開けられないようになっています。
一手ごとに、箱をそっと水平に戻す事がポイントです。液体をこぼさないようなイメージで、そっと手順をクリアして下さい。

加生 修の他の作品