波紋

職人

加生 修加生 修
品番 OS-17
創作年月
サイズ
(本体)
135×133×66mm
サイズ
(収納部分)
110×93×24mm
材料 ウォールナット、ソノケリン、メープル

「わ」をテーマとする展示会に向けて製作された作品です。
天板のミステリアスな模様は、連続する半円を二つ合わせて表現しています。
2枚の板が、半円の線の揃う位置で段階的に動くようになっているので、動かす毎に違った模様を表します。
10通りの天板の配置パターンがあるのですが、さらにその何処かに、ある動きを隠しました。
それを見つけられた時、ある種の視覚的な感動があるはずです。そして抽斗が開きます。
抽斗の取っ手の模様にも意味があります。

加生 修の他の作品