荷箱型仕掛け箱

職人

二宮 義之二宮 義之
品番 N-2
創作年月
サイズ
(本体)
*****
サイズ
(収納部分)
*****
材料 *****

伝統的な秘密箱の表面には、寄木が貼られています。
その目的は、「加飾」と「仕掛けを隠すこと」にあります。
これに対してこの作品では、荷箱という外形デザインが、 寄木の持つ2つの役割を果たしています。
表面の板が動きますが、デザインに幻惑されて、結構苦労する筈です。
表面のビスの打たれた板は、いかにも固定されて見えますが…。
中には抽斗も隠されています。

二宮 義之の他の作品