大川式秘密箱A(復刻)

職人

二宮 義之二宮 義之
品番 N-11
創作年月
サイズ
(本体)
170×105×60mm (桐箱:190×125×80mm
サイズ
(収納部分)
*****
材料 楠、桑

以前に復刻したものとは異なるもう一つの大川式秘密箱です。
「あご」が下がり「甲羅」が開く、というシンプルな2回の構造です。
現在に受け継がれる仕組みの秘密箱の創始者と言われる大川隆五郎本人が作ったと言われる秘密箱の復刻版です。
木の目の使い方など、現在とは異なる方法も見られます。
桑の黄色は、時間と共に落ち着いた色に変化していきます。

二宮 義之の他の作品